結構使い込まれたギターをリフィニッシュする場合、
凹みはパテ埋めします。
当然仕上がりを左右しますので、気を使います。
c0048536_12151421.jpg

このストラト、元はサンバーストだったようですが、
預かった時点ではシロウトっぽい手塗りのナチュラル(しかもウレタン)でした。
レイクプラシットブルーに美しく生まれ変わる予定。です。
ついに本日受け取りました。感動
ちなみに写真は1500枚です。
c0048536_191225.jpg

この我ながらイカしたフライヤーを作ってくれたのは
brownie designsさん。
グッドセンスに脱帽×最敬礼。
お店にも置いてもらってご満悦。アリガトウゴザイマス。

このカッコよいチラシを置いてくれるお店募集中。です。
今朝仕事をしながらなんとなく聴いていたラジオの星占いで、
「取引先からの理不尽な要求に対しても、目先の利益だけにとらわれずに
 高い理想をもって成し遂げるべし。
 そうすればおのずと道は開かれる。」
みたいな事を言っていて、ジーーーン。としみました。

ここ最近やっている仕事が、ちょうどそんな感じで
昨夜も妥協したがる自分と戦いながら深夜までネックを削ってました。

お陰様で成し遂げた達成感と共に、一つ階段登った気がしました。
全体的に低めの料金設定の当工房ですが、ちょっと上げようかな(笑)

料金据置 懇切丁寧 焼肉定食 意味不明
今日ふと出かけた骨董市でトラベルギターなるものに出会いました。
一緒にいたマイサン(小1)が「欲しい!」
以外と安かったので、つい買ってしまいました。自分で作れよ。
c0048536_2139234.jpg

マホガニーのスルーネックで、なかなか作りもちゃんとしてます。
フレットのすり合わせをして、オクターブ調整したりしてシャキーン。
勝手に弾いてると「僕のだよ!」と怒られます。。

あ、ご注文いただければ、作ります(爆)
すごい折れかたです。
これまさにネック折れ。
こういう仕事は燃えます。メラ
c0048536_21473052.jpg

お客さまの強い希望でこのまま直します。
ネック丸ごと作り直したほうが良いと思うんですが。。