それっぽく作った色を吹いて現在クリアコートを塗り重ね中。
イッツオンリーR&R ジャーン
c0048536_9362432.jpg

ウクレレもよく来ます。
表板は厚みが2ミリ以下だったりするので
雑に使うとすぐ割れます。
お大事に〜
c0048536_9314712.jpg

不思議な色の塗り替えです。
トップのみ色が気に入らなかったみたいで、
サイドとバックに合わせた色を吹きました。
後はクリアーを吹き重ねていきます。

バインディングのマスキングがキモ。
c0048536_12265381.jpg

↓クリアを吹き重ねて乾燥させたら、耐水ぺーパーで
 全体の艶が消えるまで削ります。
 番手を上げていって、肌を整えます。
c0048536_1957381.jpg

↓番手を上げていくとこうなる
c0048536_12131643.jpg

↓更にコンパウンドで磨きこんで、ピカピカに仕上げます。
c0048536_12142847.jpg

色々メンテナンスするのが好きです。
手が掛かる分、心が豊かになる気がします。
メンテナンスフリーってやつぁ、なんだかつまんないです。

仕事場を暖めてくれているストーブも、推定40年選手ですが、
バリバリ現役です。
(メンテしないでほっとくと青い炎が出なくなる)

ちょっと壊れたらもう廃棄。ってのはそろそろやめましょうよ。
 
なが〜く付きあえる楽器を作りたいし、
修理もその場限りではない、良い仕事を心がけています。4649
c0048536_1715190.jpg

ボディの製作工程をおってみることにしましょう。
今回はライトアッシュの1ピース材です。
c0048536_11362116.jpg

↑はじめはこんな巨大まな板状態です。

↓罫書いてバンドソウで切りだします。
 あぁ、レクソン。。
c0048536_11384649.jpg

↓影分身の術(笑)
c0048536_11393341.jpg

↓ルーターでネックポケットや、ピックアップの
収まる部屋?を開けてあげます。
1番木屑が出る作業。
c0048536_17474732.jpg

↓今度はルーターを台にセットして、外周を仕上げます。野外プレイ。。
c0048536_17503862.jpg

表側にテンプレート(自家製)が貼り付けてあって、
それに沿って刃をあてていくと
テレキャスターの外周が仕上がります。

↓エッジにトリマーを使ってRをつけます。
弦を通す穴やネックジョイントの穴を開けて、ほぼ完成。
c0048536_12523883.jpg

あとはサンドペーパーで仕上げて塗装。です。
お疲れさまです。