今朝仕事をしながらなんとなく聴いていたラジオの星占いで、
「取引先からの理不尽な要求に対しても、目先の利益だけにとらわれずに
 高い理想をもって成し遂げるべし。
 そうすればおのずと道は開かれる。」
みたいな事を言っていて、ジーーーン。としみました。

ここ最近やっている仕事が、ちょうどそんな感じで
昨夜も妥協したがる自分と戦いながら深夜までネックを削ってました。

お陰様で成し遂げた達成感と共に、一つ階段登った気がしました。
全体的に低めの料金設定の当工房ですが、ちょっと上げようかな(笑)

料金据置 懇切丁寧 焼肉定食 意味不明
今日ふと出かけた骨董市でトラベルギターなるものに出会いました。
一緒にいたマイサン(小1)が「欲しい!」
以外と安かったので、つい買ってしまいました。自分で作れよ。
c0048536_2139234.jpg

マホガニーのスルーネックで、なかなか作りもちゃんとしてます。
フレットのすり合わせをして、オクターブ調整したりしてシャキーン。
勝手に弾いてると「僕のだよ!」と怒られます。。

あ、ご注文いただければ、作ります(爆)
すごい折れかたです。
これまさにネック折れ。
こういう仕事は燃えます。メラ
c0048536_21473052.jpg

お客さまの強い希望でこのまま直します。
ネック丸ごと作り直したほうが良いと思うんですが。。
のリフィニッシュです。
これだけデカイと剥がすのも塗るのも大変です。
それにしてもリフィニッシュが現在4本あって、
他のリペア後の部分塗装も6本あり、
なんだか塗装だらけです。。
c0048536_18345624.jpg

     ↓下地塗装中。バインディングの処理がテキトウで補修に苦労しました。
c0048536_12162888.jpg

     ↓着色後、クリア吹き重ね中。
c0048536_16113777.jpg

3点ドメのネックジョイントを4点ドメに。
とか、ネックポケットはそのままで細いネックを作る。
とかも出来ます。
地味ですが。
c0048536_12222472.jpg

↑リフィニッシュついでに穴を塞いで開け直します。

↓ジョイント部のボディラインに添って、1ミリ残して落とし込みます。
 両側やって、今までより2ミリ細いネックにします。
c0048536_12223971.jpg

まぁボディのネックポケット側を狭くするほうが楽なんですが。。
お客様のわがまま聞くのが仕事です。